【心霊スポット】暗峠(くらがりとうげ)に昼間行きました

見た話
暗峠-----奈良県生駒市西畑町と大阪府東大阪市東豊浦町との境にある国道308号及び大阪府道・奈良県道702号大阪枚岡奈良線(重複)の峠。
古くは闇峠とも書かれた。標高は455m。---Wikipedia

皆さん、里帰りお疲れ様です。
普段は心霊スポットなんて怖くて行けないのですが、今回何故か迷い込んでしまった暗峠のお話を・・・。

私の旦那さんは関西出身で、この日は道の駅大和路へぐりから、奈良市に帰る途中のことでした。
ナビの通り帰っていたら、草に囲まれた小さな道を指し示しました。
青い緑のトンネルのような道は、車ぎりぎり通れる幅です。
ナビは「細い道注意」のマークも出なかったんですが・・・。
「入っていいのか?」みたいな道です。

旦那さんが
「・・・!308号線だ!引き返す!」
とこの細い道で車を無理やり転回して、引き返しました。
その数分で「名古屋ナンバー」「所沢ナンバー」など他県ナンバーがどんどん入ってきました。
国道扱いなので、普通にナビが案内するんですよね。
ただし、すれ違いはもはや無理。
普通車同士ではすれ違いが無理な道幅です。
それも対向は3ナンバーで寄ろうともしない。
308の恐ろしさを知らないで入ってくる他県ナンバー。
避けるところか突っ込んでくるところが恐ろしいです。
旦那さんが車を崖に乗りあげさせて、私たちはななめ45°でその車たちを回避しました。・・・少しぐらい寄ってくれてるいいのに・・・最低。
大阪側ではきつい所で最大傾斜勾配31%の急勾配がS字カーブになっており、慣れない人が走行すると登りきることができず立ち往生するそうです。
あいつらあの人たち、地元の人たちに迷惑かけたんじゃないかなあ。
大阪側からだったし・・・。それでも道は拡張された「方」だそうで・・・恐ろしい。
・・・ホント運転が下手な人間が多すぎるのもホラー・・・というのはさておいて。

この暗峠は奈良の心霊スポットに数えられています。
幽霊はお坊さんがでるとのこと。あと首無しライダー、生首火の玉などが確認されているようです。
ご興味のある方は調べてみてください。
途中に弘法大師を祀った場所があったり、観音寺があったり、民家もあります。
で、私は今回大阪側から上ったのですが(50メートルだけ)入ったとたんに家族全員が耳がキーンとなりました。
それと吐き気と頭痛。

大阪側(生駒)から距離にして50メートルほど進んだだけなのですが。
家族の霊感については
旦那は
+たまに幽霊見る系
長女
+いつも見える系

+たまに見える系
という感じです。
 長女は
「たくさんなんかいるし飛んでるけど、何なんだろう」
と言っていたので
「ここって『心霊スポット』だよ」
 と私が言うと調べて
「ホントだー。謎が全てとけた」
 と。

 オーブのようなものがフワフワ飛んでいるけれど、夏の青葉が青々と茂っていて光がさしています。
 なので少し幻想的でもあるのですが、結構車が入ってきます。
 ナビは『国道』のつもり(実際に国道なのですが)なので 道が狭い表示 を出すことはありません。
 大阪側から奈良側にも 狭いよ の標識も 通行困難の標識もありません。
 知らずに迷い込むと大変なことになりますのでご注意を。
 昼間に歩いて通るにはよいそうです(義母談)
 
 YouTubeにたくさん「通ってみた」という動画があるので、ご興味がある方は調べてみてください。

 写真は実際に大阪の方から入った時に撮影したものです。
 オーブや幽霊は写っていませんが、これが国道です。
 いろいろな意味で怖い道でした・・・。

にほんブログ村 哲学・思想ブログへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
タイトルとURLをコピーしました