【パワースポット】高野山の奥の院で見たモノ

立花月夜の心霊事件簿

さて、関西に里帰りをした時のことです。
旦那さんが里帰りをする数日前から
「高野山に行こう」
と言っていました。家族の間で高野山と言うのは『奥の院』のこと。
金剛峯寺にはなぜか行ったことがないんですよね。
旦那さんがあまりに高野山というので、
「なぜ?」
と聞いたら
「何となくいろいろ報告したいし」
と。
場所に呼ばれる。ってそんなものかもしれないですね。

奥の院の近くの駐車場に車を置いて、弘法大師御廟までの参道を歩いていると・・・。
二本松が左右にある場所から空気が全く変わります。
その場所から正面。御廟に向かって左側。
山の奥にいくつかチラチラと木の間を飛び回るモノが。
私は来るたびに見ています。

幽霊?

いいえ。この飛び回るモノたち。カラス天狗と呼ばれるものの形をしているんですよ。
くちばしがある男の人たちが飛び回っている。
顔は鳥じゃなくて、小柄な男の人で顔がくちばし。色は黒いんです。
すごく遠いところなのに、その姿は見えるんですよね。
天狗ポリス(実写版ゲゲゲの鬼太郎より)より、イケメンで人に近い感じ。


↑実写版中古DVDお安くなってる^^

もともと高野山は「黄泉」や「あちら」の世界に近いものを弘法大師が身をもって封印しているなんて話も出てくる独特の雰囲気があります。
蓮の花に見える山々の中心に築かれたとか。水銀脈があるとか。いろいろ聞きますね。
「八百万の神様のほうだから、頭痛い」
ついてきていた上子のさくら。
さくらは巫女系列なので、お寺が苦手。
でも龍に力を借りるのが得意なので
「ここには光龍がいるから力を借りたら?」
と何気なく私。頭の中に光をまとう黄龍が見えたのです。
龍脈が龍に見えたのかな?
高野山って龍脈の上にあるという話を聞いたことがあるし・・・?

さくらはカラス天狗を見て感動していました。
確かに他の場所でカラス天狗見たことないですしね。
「黄龍も初めて見た」
そんなにいるものでもないですしね。

高野山奥の院にはカラス天狗がいたり、異形のものが結構いたりします。
不思議と人が多い参道は避けているようです。
あなたがもし彼らを見てみたいなら、お墓ではなく遠くの木々の間を見てください。
飛び回っている彼らを見つけることができるかもしれませんよ。

真言密教の聖地高野山へ行こう! [ 田中ひろみ ]

高野山に泊まるなら高野山 別格本山 明王院がおすすめ

にほんブログ村 哲学・思想ブログへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
タイトルとURLをコピーしました