心霊現象:ドンドンドン

立花月夜の心霊事件簿

私と旦那さんは ほんとにあった呪いのビデオシリーズが好き。

一番怖かったのは、トンネルを出た後に車に向かって走ってくる警備員の幽霊のやつです。コワい。

さて、数々の心霊現象がささやかに起こる我が家なのですが、
これは我が家で起こった心霊事件で上位に上がる怖さのお話です。

とある蒸し暑い夜。
冷房をつけて窓を全部締め切って、子供を寝かせてほんとうにあった呪いのビデオを旦那さんと見ていました。
実際の心霊現象でその場で
「怖い」
と思うことはないんですよね。
まず「不思議」だと思ってしまう。
そしてよく考えると、心霊現象だったんだ・・・と思うことが多くて。
でも動画や心霊写真は怖い・・・。自分の撮る心霊写真す怖いのはないんだれど・・・。

でもその日の現象はちょっと寒くなりました。
二人でほんとうにあった呪いのビデオを見ていたら、モニターの横にある窓が

ドンドンドン

と思いっきり叩かれました。
私と旦那さんフリーズ。
我が家は当時マンションでした。
その窓の下は雑草でいっぱい。人が入ればすぐにわかります。
まず入ってきた時点で、ガサガサ気配がするはず。
それに気が付かなくても、叩いた後に逃げる気配には気が付くはず。
だってドンドンドンのあと、息をひそめて気配を探ってわけですし。草生えてましたし。

次の日にその窓の外を見てみたのですが、草が倒れた後も草が踏まれた後もかき分けられた後もありませんでした。
肉(手)がガラスをたたく音で、ドンドンドンと三回。
あれは何だったのでしょうか。

今思い出しても不思議です。

おすすめ怪談本:怪談社RECORD 黄之章【電子書籍】[ 伊計翼 ]

にほんブログ村 哲学・思想ブログへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
タイトルとURLをコピーしました