飛び降り自殺の幽霊がリアルすぎて

立花月夜の心霊事件簿

自殺者は成仏できず、自殺を繰り返し続ける・・・。

といいますね。北野誠さんのお話でも、京都のとあるマンションから飛び降りる音
「ひゅ~~ドン」
と音が繰り返し聞こえるというお話が・・・。このマンションの話相当怖いし、有名なので皆さんご存じだと思います。
松村さんとのロケで松村さんも聞いたという話を聞きました。
おまえら行くな。(死導編) (竹書房文庫) [ 北野誠 ])に収録されていたような気が・・・。そうじゃなかったらごめんなさい。

さて飛び降り自殺の霊を見たり感じたりした。という話はよく聞きます。
他にも自殺といえば首つり自殺ですよね。
これもよく話を聞きます。

さて私も飛び降り自殺の霊を感じたことがあります。
「見た」
わけではなく・・・感じた。としか言いようがないのですが。
聞いた音もあります。
「ドグシャッ」
肉の塊を高いところから落としたような、柔らかいものが固いところにぶつかりつぶれたような音でした。
「ひゅードン」
じゃなかったのは、ビルの高さもあるのかな?

その音を聞いた場所は三階建てのビルの前の道路でした。
確かに三階建てのビルだと飛び降りても、
「ひゆ~」
という音はしそうにないですよね。高さが足りない。

ドグシャ と音が聞こえた時、私は車に乗っていてそのビルの前に停止していました。
・・・なぜ停止していたのかは忘れちゃったのですが。

不思議なのは音とともに車が揺れたんですよね。
リアルに誰か飛び降りたのかな?とおもってしまうほどのリアル。
でも遺体はなく、数十分後に同じ道を通っても何もなく。
自殺者が出たら、警察が来たりみんな集まってきたりと大騒ぎになりそうですがそれもなし。

結局謎のままなのですが、柔らかい大きなものが道路に落ちてくるような音と道路に落ちたような大きな振動(地震としては震度2強くらい?)は強く心に残っています。
・・・音が生々しすぎて気持ちわるかったです

にほんブログ村 哲学・思想ブログへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
タイトルとURLをコピーしました