男:今帰ったよ

立花月夜の心霊事件簿

これも
ありがとう
のマンションのお話。

このマンションはありがとうもふくめ、とにかく声の怪異が多かった。
玄関がリビングと壁で仕切られていて、入り口はドアなんだけれど・・・。
この玄関で男の声で

「今帰ったよー」

と聞こえるんです。それも旦那がいないときに限ってですよ。
当然旦那が帰ったと思うじゃないですか。
で、見に行くと・・・。

誰もいない。

で、しばらくすると同じ声が玄関から

「今帰ったよー」

と声をかけてくる。
二回目は玄関のドアを開けてみましたが、もちろん誰もいないんです。

明るい男性の声です。

旦那に話したら、

「俺は『ただいま』とは言うけど、『帰ったよー』とは言わない」

と言われてしまいました。
・・・そういわれてみれば・・・。

ということは家族ではない誰かが帰ってきていたんでしょうか。
賃貸マンションなので、もしかしたら『引っ越したことを知らない』霊が帰ってきていたのかも。

にしても、続けて同じ日に3回も聞こえるのはおかしいですよね。
たまたま波長があったのか・・・何なのか・・・。

どこかで読んだ話なのですが、交通事故で亡くなった前の住人が帰ってくる。というような話も聞いたことがあります。
その人は新しく入居した賃貸住宅で、毎日ガチャガチャと玄関のドアノブが回る音がする。
不思議に思ってドアのスコープをのぞいてみると・・・なんてやつ。
あれ?ほんとにあった呪いのビデオだったかな??

賃貸住宅というのはそれ自体に瑕疵がついてなくても、霊が帰ってきたりすると怖いですよね。
まあ本人(霊)は自分の家のつもりなんだから、仕方ないのでしょうが・・・。

あ。それで思い出した。
思い出した話はまた今度・・・。

にほんブログ村 哲学・思想ブログへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
怖すぎる実話怪談 瘴気の章

管理人と縁のある結城伸夫さんの実話怪談集。
もう20年近く続く結城さんのサイトに投稿された厳選の怪談集。
怪談師としても活躍中です。

現代怪談 地獄めぐり

「北野誠のおまえらいくな」でおなじみの西浦和也さんの怪談本です。

タイトルとURLをコピーしました