伏見稲荷神社で見た九尾の白い神狐様

みんなの心霊事件簿

前回お話したおしかけお稲荷様に頼まれて、伏見稲荷さんに行った時のお話。

我が家は長女のさくらが神様担当です。
神様と言っても日本古来の神様 国つ神様や自然神様と相性が良いのですがそれはまた別の話。
ということで、さくらがお狐さんの入ったお面をもって一番奥のお社まで行きました。
私は、神社やお寺と相性が悪く入れない部分があるので、下のお土産屋さんで待機。
さくらと旦那と下の子は、奥のお社に向かって歩いていきました。

そして上のお社からの帰り。。

さくらは千本鳥居の間からこちらをじっと見ている他尾の白いお狐さんを見たとか。
高貴なたたずまいと、静かなまなざし。
尻尾をゆらゆらとたなびかせながら、お稲荷さんはじっとこちらを見ています。
(お稲荷さん、このお狐さんをお預かりします)
と心の中で思うと、鳥居の間にふっと消えてしまったとか。
尻尾は9本で、とてもきれいで高貴で凛としたお稲荷さんだったと、さくらは力説していました。

前回のお話でも話したのですが、伏見稲荷さんに行った後。
茶色の普通のきつね色だった我が家のお狐さんが、真っ白な色に変化していました。
お狐さんが闇の中で自分の姿を確認するようにグルグル回っていたのがちょっと面白かったです。

狙っているガチャガチャのお狐様。
コンプできているのがいいな💛

にほんブログ村 哲学・思想ブログへにほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
タイトルとURLをコピーしました