立花 破月(月夜)

立花月夜の心霊事件簿

虫の知らせ。初盆。

彼が死んだのは現実では知らされていない。 そんな関係。 だけれど、私には確信がある。 あの人は死んだのだ。と。 あれから何回私は彼を思って泣いただろう。 彼が亡くなったのを感じたのは冬だった。 その日、小さな子供を幼...
みんなの心霊事件簿

子供の鳶のじい様

179:↓1/2:15/06/20(土)04:27:28 ID:N0G × 数年前、父方の曽祖父の三十三回忌が行われ、親戚が集まった際に聞いた話。 曽祖父は鳶職で、地元の神社の祭礼を仕切ったり、地元では有名な人だった。 そして、子...
立花月夜の心霊事件簿

ジゴロヤクザの自家用車の後部座席には・・・。

私の元カレのお話。 私の元カレは昭和の極道の家系(今でも残る相当名高い家系)に育ったおぼっちゃま。 育ちはいいのですが、やっぱりそこはジゴロ。 ちなみにジゴロというのは 「生活費を女性にまるっと出してもらっている男」 で、...
立花月夜の心霊事件簿

お前のせいで仲間が焼き殺された

私の「霊感」が「覚醒」したのは高校生の時です。 見るのは苦手なのですが、パワー型の能力らしく・・・。 さて私は高校時代には演劇部に所属していました。 当時の演劇部は別名「心霊部」でした。 私の同級生には霊感がとても強い家...
立花月夜の心霊事件簿

靴下だけの生き物?

昨日のお話。 スーパーにいった帰り道、細い路地を車で旦那と走行中のことです。 車に乗っているときというのは、けっこういろいろ変なものを見てしまいます。 車が路地に入ってすぐ。 左側に道を渡ろうとしている靴下がありました。...
みんなの心霊事件簿

ラップ音は怒鳴りつけるのが良いらしい

210:↓名無しさん@おーぷん:15/12/06(日)22:41:11 ID:phX 鉄筋コンクリ建のウチの集合住宅は、築40年以上。何度か住民同士 建て替えの話が出ては消え、出ては消えしてた。 そんな古い建物のうちの風呂場が...
みんなの心霊事件簿

過食症を発症した母に憑いていたモノ

これはまだ私が「霊感」なんてものがあるとは思わなかった幼い時のお話です。 当時私は小学生でした。 私の母は霊媒体質というもの。 霊媒体質とは霊に乗っ取られやすい体質で、非常に厄介なのです。 その日は確か冝保愛子さんの...
みんなの心霊事件簿

手術室で忌々しい顔をしていた理由

私には兄が居ます。 兄は小学校の頃、通学中に交通事故にあって入院したことが有りました。 小さな破片が頭蓋骨表面まで食い込んだものの、 体のけがの方は大したことは無いと全治2~3週間程度と診断されました。 その頃はMRIが無か...
立花月夜の心霊事件簿

冷房つけたら悪魔が召喚されました?!

これは二年ほど前のお話です。 冷房つけたら悪魔が召喚されました?! ってラノベの題名みたいなのですが、本当に体験した話ですよ。 その年の夏は暑かった。 エアコンをガンガンにつけて、私は仕事をしていました。 在宅でラ...
みんなの心霊事件簿

墓場の幽霊。カランコロン

旦那は切削工作機械で有名なメーカー出身。 その中でも花形部署で育ち、「神」と呼ばれる切削プログラム職人でした。 そんな彼が言葉巧みに零細企業に引っ張られた時の話。 その零細企業はお墓の隣に工場がありました。 深夜旦那が切...
タイトルとURLをコピーしました