見た話

立花月夜の心霊事件簿

虫の知らせ。初盆。

彼が死んだのは現実では知らされていない。 そんな関係。 だけれど、私には確信がある。 あの人は死んだのだ。と。 あれから何回私は彼を思って泣いただろう。 彼が亡くなったのを感じたのは冬だった。 その日、小さな子供を幼...
立花月夜の心霊事件簿

ジゴロヤクザの自家用車の後部座席には・・・。

私の元カレのお話。 私の元カレは昭和の極道の家系(今でも残る相当名高い家系)に育ったおぼっちゃま。 育ちはいいのですが、やっぱりそこはジゴロ。 ちなみにジゴロというのは 「生活費を女性にまるっと出してもらっている男」 で、...
立花月夜の心霊事件簿

靴下だけの生き物?

昨日のお話。 スーパーにいった帰り道、細い路地を車で旦那と走行中のことです。 車に乗っているときというのは、けっこういろいろ変なものを見てしまいます。 車が路地に入ってすぐ。 左側に道を渡ろうとしている靴下がありました。...
立花月夜の心霊事件簿

霊の見え方。大阪の街中で見たおっさん霊は喫煙者?

当時私は大阪に住んでいました。 声が聞こえるマンションは大阪府にあったもの。 事故物件とかではないので、私個人の問題だと思います。 私は住むところをお化け屋敷にしてしまうという迷惑な特性を持っているようで・・・。 さて ...
立花月夜の心霊事件簿

家の中を徘徊する老人

これはもう20年近く前の話です。 北関東に住んでいたころ。 旦那が仕事を辞めて転職して引っ越しした家で起きた話です。 その時に住んだ家は一軒家でした。 一軒家で2LDKの平屋。 広い家ではありませんでしたが、旦那が再就...
立花月夜の心霊事件簿

ポルターガイストが頻発する家に住んでいます。動いた物列伝

我が家はポルターガイストが頻発します。 ・・・さっき(2分ほど前)にも、テレビのリモコンが数センチ移動。 こんなことで怖がっていては我が家には住めません。 「リモコンが滑ったのかな」 と思ったのですが、下には摩擦の強...
立花月夜の心霊事件簿

実家の部屋の横にある霊道を歩く霊

私の住む家は幽霊屋敷になってしまいます。 育った自宅は赤い光の粒粒が群れで宙を飛ぶという怪現象が起こっていました。 だれにも言ったことはありません。 なんとなく 「誰にも見えないんだろうな」 と思っていたから。 午後9時...
立花月夜の心霊事件簿

夜の田んぼに伸びた幻の道

これは私がまだとても若かった頃です。 高知の田舎で育った私は、ドライブにいろいろな道を使っていました。 とある田舎道を夜中に走行していました。 この時の車は、某峠で大きな手につかまれたのと同じ車です。 真っ暗な中で両...
立花月夜の心霊事件簿

とれたて怪談 エレベーターと私と・・・?

とれたてほっかほっかの話でございます。 ジムに向かっていた私。 久しぶりです。 今日はビルがシーンとしていました。 ビルのほとんどのテナントがお休みだったのでございます。 「今日は静かだなあ」 昼間ではございまし...
立花月夜の心霊事件簿

高知のとある峠で巨大な手に車をつかまれたYO

 それは高知のとある峠でのこと。  当時私はAE101で走り屋をしていました。  といっても、ドリフト走行派ではなく峠自己ベスト記録狙い派。  当時は「グリップ」と仲間内では言っていました。  それは私がよく走る峠ではなく、近所...
タイトルとURLをコピーしました